男性の薄毛事情について

あなたはAGAという言葉を聞いたことがありますか?

またはAGAとは何のことなのか知っていますか?

AGAとは簡単に言うと男性型脱毛症のことです。

成人した男性の方にみられる薄毛のことです。

こういった薄毛はおでこの生え際やつむじあたりから薄毛が進行していきます。

AGAといっても年齢によって2つのタイプに分けられます。

それは壮年性脱毛症と若年性脱毛症の2つのタイプです。

この2つにはどのように分けられるのかというと壮年性の方は40代以上の方にあたります。

そして若年性の方は40代未満の20代や30代の方の場合です。

40代以上ともなれば髪の毛がハゲてきてしまう方は多いのですが、やはり若年性は壮年性よりは少ないですが患者は多くいます。

40代以上の壮年性の方は年齢を重ねたこともあり男性ホルモンの影響ともされますが、若年性の方はそれだけでなく生活習慣やストレスなども関係してきます。

そのため生活習慣やストレスを改善する事によって進行を止める事が出来るかもしれないのです。

薄毛に悩んでいる方は女性の方よりも男性の方の方が多くいるのではないかと思います。

若い方でも男性なら将来ハゲないか気になる方がいたりするかと思います。

そして現代の社会では会社によりストレスや生活習慣の乱れによる若い方でも薄毛に悩んでいる方も少なくないです。

しかしそのような方はどのくらいいるのでしょうか。

男性の脱毛症であるAGAという病気にかかっている方は全国で1260万人もいるそうです。

しかしその中でも何かケアを行ったという方は650万人だそうです。

とても多くの方がAGAにかかってしまっているのですね。

この中でも若い方も多くいるのではないかと思います。

患者数に比べ何かケアをしたという方が半分程度しかいないのですが、AGAは進行していくものです。

そのため放置しておくとさらにひどくなります。

AGAになってしまったら早めに対策を考えケアしていくと良いと思います。

しかし薄毛のことについてあまり知識がないとどうして良いのはわからないかと思います。

薄毛についてまとめたサイトがこちらになります。

薄毛の男でいたくない人はチェック

一度参考にしてみてください。

Comments are closed.